トップページ >  ホームの選び方 >  老人ホームの「ここが知りたい」 >  老人ホーム入居の際の身元保証人

《相談員が解説します》老人ホームの「ここが知りたい」

人ホーム入居の際の身元保証人

「身元保証人がいないと、老人ホームに入居できないのでしょうか?」
「老人ホーム入居の際の身元保証人って、どんな役割があるのでしょうか?」

身元保証

このようなご質問を近年多く頂いております。
老人ホームへの入居時には、ほとんどの施設が身元保証人を必要としているということはお聞きになったことがあるかもしれません。なぜ身元保証人が必要とされるのでしょうか。

●ホーム入居の際の身元保証人の役割

老人ホームでの暮らしでは、日々の生活のお手伝いはホームスタッフが行いますが、そうした日常生活や医療・介護等についての方針はホーム側だけで決めているわけではありません。ご本人の状況に応じて、どんな生活を実現していくのかをホームが相談する窓口を、身元保証人の方に担って頂くことになります。具体的には以下の通りです。

  • ○ご高齢のご入居者様は体調を崩されたりお怪我をされたりすることも多く、その際の治療判断をして頂くこと、また緊急時の入院手続きや治療方針を本人に代わりお決めいただくことをお願いします。
  • ○ホームへの支払いは口座引き落としとなりますが、支払いが滞り困難となった場合には身元保証人に支払をお願いします。
  • ○ご逝去の際の身柄の引き取りや居室内の荷物引き取りをお願いします。

●身元保証人をお願いできる家族がいない場合

お子様がいらっしゃらない・兄弟姉妹も高齢・甥や姪は疎遠になっている等の理由から、身元保証人をお願いできる家族がいないという方もいらっしゃいますが、多くのホームでは身元保証人は必要とされております。
身元保証人についての相談は先ずは社会福祉協議会や役所の高齢者福祉課等にご相談されてみてはいかがでしょうか。ご親族様以外の身元保証人としては以下をご利用される方がいらっしゃいます。

  • ○成年後見人・判断能力がない方 家庭裁判所に4親等内親族が申し立てします。
  • ○任意後見人・判断能力がある方 公証役場において先々判断能力が無くなった際の後見人を公正証書とし作成します。
  • ○身元保証法人・基本契約+あらゆるサービスをオプションで付けることができます。
    成年後見人制度は財産管理と身上監護を行います。身元保証法人は費用発生しますがご逝去後の相談も可能です。
  • ※身元保証の法人を決める際には下調べや評判等の確認が必要です。

ホームは安心安全が備わった憩いの場であると思います。身元引受人に委ねお幸せなホーム生活を送って頂きたいと願っております。

また、自分の今後が心配、親の身体状況このままで大丈夫なのかな、なんだか介護で疲れた、誰かに少し話を聞いてほしい、そんな時は、まず電話相談です。電話相談は気軽に安心して相談することができます。

「電話で話を聞いてもらい気持ちが楽になりました」「一人で悶々としていたので久しぶりに明るい気持ちになれました」「これからの事を前向きに検討してみます!」と、明るいご相談者様からの連絡は相談員にとっていちばんの喜びです。

萩原 久美子(はぎわら くみこ)

【文/萩原 久美子(はぎわら くみこ)
ベネッセの介護相談室 相談員
<介護職員初任者研修課程修了>
2002年より有料老人ホームお客様相談室にて皆様からの御相談をお伺いいたしております。
皆様の様々なご不安やご心配事、老人ホームの選び方やご不明点を……続きを見る

0120-86-8165
0120-86-8165