トップページ >  ホームの選び方 >  老人ホームの「ここが知りたい」 >  老人ホームでも「自由な生活」を

《相談員が解説します》老人ホームの「ここが知りたい」

人ホームでも「自由な生活」を

「これまで何十年も続けてきた習慣を変えることはしたくない」
「老人ホームは何もできなくなった時に行く場所だ。」
そんな風に思っている方、いらっしゃいませんか?

ペット

私はもともと老人ホームで働いていたこともあり、自然と両親や友人と老人ホームの話をする機会があります。そのような中で、母は「犬がいたり、小さい子が来てくれたりするような老人ホームってあるのかな、だけど犬なんて飼えないんでしょ?」と。父は「もし老人ホームに入るなら、自由に過ごしたい。でも老人ホームは決まった時間に起きて、食事をして、扉にはロックがかかっていて自由に出ることができない。だから嫌だ」といいます。

集団生活なので、自由な生活ができない……と思われてしまう方もいらっしゃるかと思います。
ですが、ホームによって様々です。

犬を飼うことができるホーム、お好きな時間にお酒を飲むことができるホームもあります。それから、私が働いていた所では、お仲間との集まりで伊豆まで旅行に行かれる方や、お正月には毎年ご自宅に戻られる方もいらっしゃいました。仏壇を持ち込まれている方、決まった時間に晩酌されている方もいました。ご自宅では危ないという理由で料理ができなかったけれど、ホームにきて再び料理をされている方もいます。

施設に入居するということはこれまでの生活を諦めることではございません。
考え方次第では、できなかったことができる場所でもあるのです。

その為にも、施設見学や面談の際、これまでのご生活、習慣となっていること、続けたい趣味等、しっかりお話いただくことが重要かと思います。私たちもお話を伺う中でどのような施設が合うのか、現場を見てきたからこそできるご提案もあるかと思います。「できない」ではなく、「どうすればできるか」を一緒にご相談できればと思っています。

星野 彩(ほしの あや)

【文/星野 彩(ほしの あや)
ベネッセの介護相談室 相談員
<介護職員初任者研修課程修了>
有料老人ホームで介護職員としてご入居されている方の支援を行ってまいりました。老人ホームを探す際、ご不安に感じられることも多くあるかと思います。ご家族様のお悩みや、ご本人様の「想い」「これまで……続きを見る

0120-86-8165
0120-86-8165