トップページ >  ホームの選び方 >  施設レポート >  せらび恵比寿

施設レポート-認知症ケア-

らび恵比寿
[介護付有料老人ホーム(一般型特定施設入居者生活介護)]

所在地 〒153-0062 東京都目黒区三田2丁目10-20
最寄駅 JR山手線「恵比寿」駅 徒歩11分(約880m)(動く歩道スカイウォークが利用できます)
運営会社 株式会社 日本ケアリンク

ラグジュアリーな雰囲気の中にも
親しみやすさのあるホーム

暮らしの楽しみを個別に創出

「せらび」とはフランス語で「これぞ人生」という意味。「せらび恵比寿」は、その名の通り、入居者の人生が豊かであるために何ができるかを追求している老人ホームという印象です。ご入居者の誕生日には、その方のお好きなことややってみたいことを叶えるなど、その方のためだけのプレゼントをご本人と一緒に企画。例えば、ボーリングを一度もやったことがなかったという89歳の男性に、ボーリングを初体験していただいたこともあったそうです。

一人ひとりの生活にあわせた個別リハビリ

リハビリも入居者一人ひとりの好みや生活スタイルを尊重した生活リハビリとなっています。楽しみながらリハビリができるように、ゴルフが好きな方にはパターゴルフを使って立位のトレーニングをするといった具合です。リハビリひとつとっても、集団の中でもその方らしく生活していただきたいというホームの考え方が感じられます。

専属音楽療法士による音楽療法

音楽のもつリラックス効果やコミュニケーションをひきだす効果を利用して、心身の状態の改善をめざす「音楽療法」。長期記憶への刺激、気分転換、言語能力の向上など目的を持って行う点が、単なる音楽レクリエーションとは異なります。「せらび恵比寿」では、専属の音楽療法士が毎週プログラムを実施しています。グループでの参加が難しい方には個別にも提供しているということです。

(2017年6月14日見学)

【取材・文】ベネッセの介護相談室 マーケティング担当

0120-86-8165
0120-86-8165