トップページ >  ホームの選び方 >  施設レポート >  ライフコミューン生田

施設レポート-自立支援・リハビリ-

イフコミューン生田
[介護付有料老人ホーム(一般型特定施設入居者生活介護)]

所在地 〒214-0034 神奈川県川崎市多摩区三田4丁目5555-1
最寄駅 小田急小田原線「生田」駅南口より徒歩12分(約960m)
運営会社 株式会社 木下の介護

生活の営みが感じられる温かな雰囲気。お身体の状態に関わらず、安心して暮らすことができそうです。

介護度に関わらず、その方らしい暮らしをサポート

現在、約80名のご入居者の平均介護度は2.9~3.0とやや高め。それでいて雰囲気が穏やかなのは、ご入居者とスタッフの深い信頼関係を窺わせます。ご入居者一人ひとりにきめ細やかなケアを行う「担当ヘルパー制」。さらに、ご入居者を介護度などによりフロア別に分けることで、自立の方から重度の認知症や医療サポートが必要な方まで、どんな状態の方も「自分らしく」暮らしやすい環境とサポート体制が整えられています。「ご入居者同士、お友達になりやすい」ということも、大きな安心ポイントです。

生活の中で自然なリハビリを

機能訓練指導員によるリハビリサポートが充実していることも特徴です。日常の生活動作をリハビリに組み込み、身体機能の維持向上を目指す「生活リハビリ」には、特に力を入れています。車いすで生活していた方の食堂への移動を機能訓練指導員がサポートし、手引き歩行から、さらにはつたい歩きへの移行に成功するなど、目に見える効果が出ています。回廊型の廊下は、日常の歩行訓練の場としても最適。ここで暮らすうちにお元気になり、自宅に戻られた方もいらっしゃるそうです。

楽しい生活を支える、心からのホスピタリティ

特筆すべきは、毎日の午前と午後に開催されるイベントの充実ぶり。音楽系だけでもリトミック、コンサート、合唱、カラオケなど多彩なイベントが、多くのボランティアの協力により行われています。イベントを通じた地域との交流も盛ん。季節折々の行事食や「お菓子の日」など、食のイベントも好評で、多くのご入居者が参加されています。今年4月より、厨房の運営が直営の「木下の台所」に変わり、「ますます食事に力を入れられる」と施設長の佐田さん。楽しみがまたひとつ増えそうです。

(2018年3月26日訪問)

【取材・文】坂嵜透(介護ライター):介護業界専門誌の編集に携わり、現在までに約200の介護施設でご入居者、ご家族、スタッフのインタビューを行うなど、介護の現場をレポートする記事を多数執筆。伝統文化にも関心が高く、特に日本の酒造文化、酒場文化についての研究を行っている。

0120-86-8165
0120-86-8165