ベネッセの介護相談室

0120-86-8165 ハローハッピーローゴ ベネッセの介護相談室 お問い合わせ窓口 受付時間/9:00~18:00(土・日・祝日含む毎日※)※1月1日~3日休
  1. トップページ
  2. 介護&老後生活のお役立ち情報
  3. からだの知恵袋
  4. 知っておきたい高齢者の病気
  5. 第4回 フレイル

知っておきたい高齢者の病気

第四回フレイル
山田 実(やまだ みのる)先生

フレイルとは「元気な状態と介護が必要な状態の中間にある状態」を指す新しい言葉です。今までは、老化による衰えは避けられない、という考えが一般的でした。しかし最近の研究ではフレイルを予防することや、フレイルから元気な状態に戻れる可能性があることがわかってきました。フレイルは「介護要らずの人生」を目指すすべての人にとって役立つ、一つの指標になりそうです。

山田 実(やまだ みのる)先生
2010年京都大学大学院医学研究科助教などを経て、2014年より筑波大学大学院人間総合科学研究科生涯発達専攻准教授。専門領域は老年学。研究テーマは高齢者のフレイル予防研究(転倒予防、サルコペニア予防、認知機能低下予防等 )、フレイルの促進因子の調査・メカニズムの検証(疫学調査)など。理学療法士として医療機関に勤務中、介護予防事業にかかわり、この分野に興味を持つ。日本老年医学会、日本体力医学学会などに所属。日本転倒予防学会理事。

フレイルとは ▶「要介護」になるリスクが高まった状態

フレイルの多面性

対策すれば回復し、「要介護」を回避できる
フレイルとは健常な状態と介護の必要な状態の間にある「移行状態」のことをいい、「frailty」(弱さ・虚弱の意味)という英語から派生する造語です。フレイルは「心」「体」「社会性」の3つの要素が相互に関係し合って、心身が衰え始めている状態。そのまま放置すると要介護状態に移行しやすい反面、早期に発見し適切な対策をすれば再び健康な状態に戻れることがわかってきました。健康寿命を伸ばし、介護知らずの人生を送るために、まずはフレイルの予防、そして改善を目指した対策をすることが、今後ますます注目されそうです。

フレイルのリスク ▶知らぬ間に進行し、要介護状態へ移行

要介護?まさか私が?

「まさか自分が」と思う人、無関心な人ほど要注意
山田先生が行った、〈65歳以上・約6000人を対象とした調査〉では、フレイルと診断された人の約3割が2年以内に要介護状態となりました。高血圧、糖尿病などの持病がある、ないかかわらず、「そんな簡単に要介護状態にはならない」と思っている人は意外と多いもの。しかし、65歳以上になれば、10年後に要介護認定を受ける人の割合は約5割に達します。介護は明日から始まるかもしれない身近な問題なのです。フレイルは要介護認定を受けるリスクを測る、一つの有効な指標といえます。フレイルであるかどうかをチェックし、もしフレイルであれば、そのままにせず、必要な改善策をとることが大切です

フレイルチェックリスト ▶3つ以上該当すればフレイルの可能性あり

フレイルの診断基準はまだ確立していませんが、山田先生は次の5つの質問項目のうち、3つが該当すれば、フレイルの可能性があるという新たな診断基準を提案しています。早速チェックして、該当するようなら、次ページに紹介する予防法を参考に、対策を始めましょう。

チェックリストチェック

  • 6ヵ月間で2~3kgの体重減少がありましたか?
    いいえはい
  • 以前に比べて歩く速度が遅くなってきたと思いますか?
    いいえはい
  • ウォーキング等の運動を週に1回以上していますか?
    いいえはい
  • 5分前のことが思い出せますか?
    いいえはい
  • (ここ2週間)わけもなく疲れたような感じがしますか?
    いいえはい
イラスト/本田葉子
治療法、予防法で大切なことは?
ご相談・お問い合わせ
フリーダイヤル0120-86-8165お問い合わせ窓口受付時間9:00~19:00(土日祝含む毎日)1月1~3日除くホームページからのお問い合わせはこちら店舗でのご相談はこちら