ベネッセの介護相談室

0120-86-8165 ハローハッピーローゴ ベネッセの介護相談室 お問い合わせ窓口 受付時間/9:00~18:00(土・日・祝日含む毎日※)※1月1日~3日休
  1. トップページ
  2. 介護&老後生活のお役立ち情報
  3. からだの知恵袋
  4. 知っておきたい高齢者の病気
  5. 第7回 圧迫骨折

知っておきたい高齢者の病気

第7回圧迫骨折
市村正一(いちむらしょういち)先生

骨粗しょう症などで骨がもろくなるとちょっとした外傷でせぼねが押しつぶされるように変形してしまいます。これが圧迫骨折です。閉経後の女性は骨密度が急速にさがり、圧迫骨折のリスクが高まります。最初の骨折を予防することが大事。骨折してしまったら、早めの治療を心がけて。放っておくと次々と骨折する骨折の連鎖が起こり、まれに麻痺や、逆流性食道炎などの合併症が起こるリスクもあります

市村 正一(いちむら しょういち)先生
1955年新潟市生まれ。1980年慶應義塾大学医学部卒業、1982年慶應義塾大学医学部整形外科助手。1994年米国ワシントン大学へsenior fellowとして留学、1997年 慶應義塾大学医学部整形外科医長、2009年杏林大学医学部整形外科教授、2015年杏林大学医学部付属病院副院長。腰椎(ようつい)・頚椎(けいつい)・胸椎椎間板(きょうついついかんばん)ヘルニアや、骨粗しょう症をはじめとする脊椎・脊髄(せきつい・せきずい)疾患を専門とする。脊椎・脊髄疾患に関する一般向けのガイドブックや医療者向けのガイドラインの策定にも携わる当分野のエキスパート。日本整形外科学会専門医、日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医。

圧迫骨折の原因・症状 ▶もろくなったせぼねがつぶれて変型

圧迫骨折とは、骨がもろくなってしまったことが原因でせぼねが押しつぶされるように変形してしまう骨折のこと。骨粗しょう症が原因で起こることが多く、高齢者に多い骨折です。特にせぼねは体の重みを支えきれず、つぶれるように骨折することがよくあり、専門的には椎体(ついたい)圧迫骨折といいます。尻もち、くしゃみ、植木鉢などを持ち上げるなどのちょっとしたきっかけで椎体がつぶれてしまうのです。24個あるせぼねのなかでも背中にあたる胸椎はたとえ骨折しても肋骨に支えられているため、痛みを感じない場合もあります。しかし最初の椎体圧迫骨折を放っておくと次の骨折が発生しやすく、後弯(こうわん)変形や慢性腰痛の原因となり、さらには死亡率を高めることがわかってきました。「高齢だから仕方ない」などとあきらめず、積極的な予防や治療が必要です

骨粗しょう症による骨折が起こりやすい部位
1位 せぼね(脊椎)/65歳位から増加
2位 大腿部(脚の付け根)/75歳位から増加
3位 手首/55歳位から増加
転んだときなどに手首を折る人が増えるのが閉経後の55歳頃。その後徐々にせぼねの骨折が増え、転んでも手で支えられず尻もちをついてしまう75歳位から大腿部(だいたいぶ)骨折が増加。
健康な椎体と圧迫骨折になった椎体
骨粗しょう症などにより、骨がもろくなるとせぼねは体の重みを支えきれず、押しつぶされるように骨折してしまう。

骨粗しょう症との関係 ▶予備軍でも骨折のリスクは高まる

BMDのT-score別の脆弱骨折率、人口分布と骨折数

左のグラフはアメリカの統計データです。骨密度が低いほど骨折頻度が高くなることがわかります。しかし骨粗しょう症とまで診断されない骨量減少の段階で実際の骨折数が多いことがわかります。このため骨密度が骨粗しょう症と診断された場合はもちろん、予備軍といえるような境界線にいる人たちも、骨折のリスクは高まっていることを自覚し、予防に努めることが大切です。

「最初の骨折」を予防することが一番大事!

椎体の圧迫骨折は、最初の1つがつぶれると、連鎖的に次の骨折が起こり、次々と骨折してしまうことが多くあります。そうなる前に「最初の骨折を予防する」ことが何より大事です。特に女性は閉経直後に骨密度が急速に低くなるので、閉経したら必ず骨密度などの検査を行い、早めに薬などの治療を始めることが大切です。

圧迫骨折チェックリスト
いつもと違う腰の痛みの大部分は圧迫骨折が原因

高齢者が急な腰の痛みを感じたとき、その大部分は椎体圧迫骨折が原因だといわれています。転んだりしなくても生活動作で骨折することもあります。おかしいと思ったら、すぐに専門の医療機関を受診するように
心がけましょう。
以下のいずれかの項目が該当したら、圧迫骨折の可能性があります。

チェックリストチェック
鉛筆

  • 腰や背中にいつもと違う痛みがあり、3日以上続いている
  • 体を動かすと痛いが、じっとしているとそれほど痛みは感じない
  • 以前より背中が丸くなり、猫背になった
  • 1番身長が高かった時に比べて2㎝以上低くなった
  • 胸やけ、胃もたれ、食欲不振、息切れ、便秘などがある(骨折により内臓が圧迫されるため)
  • 痛い部分をたたくと痛みが増す
  • 骨粗しょう症と診断を受けた

※圧迫骨折と似た症状で、解離性動脈瘤(かいりせいどうみゃくりゅう)、多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ)など、別の病気が原因の場合もあります。こうした病気のリスクも念頭においておきましょう。

イラスト/本田葉子
治療法、予防法で大切なことは?
ご相談・お問い合わせ
フリーダイヤル0120-86-8165お問い合わせ窓口受付時間9:00~19:00(土日祝含む毎日)1月1~3日除くホームページからのお問い合わせはこちら店舗でのご相談はこちら