ベネッセの介護相談室

0120-86-8165 ハローハッピーローゴ ベネッセの介護相談室 お問い合わせ窓口 受付時間/9:00~18:00(土・日・祝日含む毎日※)※1月1日~3日休
  1. トップページ
  2. 介護&老後生活のお役立ち情報
  3. からだの知恵袋
  4. 知っておきたい高齢者の病気
  5. 第9回 心房細動(高齢者に多い不整脈)

知っておきたい高齢者の病気

第9回心房細動(高齢者に多い不整脈)
住吉 正孝(すみよし まさたか)先生

心房細動とは、文字通り心臓の心房という部屋が細かくふるえるように動くことで起こる不整脈。加齢とともに増える高齢者に多い病気です。心房の血流がよどみ、血栓ができ、脳梗塞の原因になることが深刻な問題。自覚症状がなく、気づかないこともありますが、75歳以上で心房細動だとわかったら、抗凝固薬を飲むなどして、脳梗塞予防に努めることが大切です

住吉 正孝(すみよし まさたか)先生
順天堂大学医学部附属練馬病院循環器内科教授。1981年岩手医科大学卒業。循環器疾患のなかでも不整脈を専門にしており、特に失神や心臓性突発死の予防に力を入れている。日本内科学会認定内科医、日本循環器学会循環器専門医、日本不整脈心電学会認定専門医・評議員、など。

心房細動の原因と症状心房が細かく震えることで起こる不整脈

■心房が震えるように動いてしまう

心臓は4つの部屋に分かれています。上の2つの部屋を心房といい、下の2つの部屋を心室といいます。心房細動とは、通常の電気信号では心房の興奮がおさまらず、通常1分間に60~100回のところを350回以上もの回数で小刻みに動いてしまい、正しい収縮と拡張ができなくなる状態のことをいいます。

■高齢になるほど増える

心房細動は加齢とともに増加します。患者の平均年齢は75歳で、患者の84%が65歳以上です。男性のほうが多く、80歳代で男性は4.4%、女性は2.2%の割合で発症するという統計データもあります。加齢のほかの原因としては高血圧、糖尿病、心臓病などの持病がある場合や、ストレスや不規則な生活習慣、肥満によっても起こりやすくなります。

■3~4割は無症状で見逃されることも多い

心房細動は慢性化していると自覚症状がないことが多く、健康診断などでたまたま見つかることもよくあります。自覚症状としては息切れ、めまい、胸苦しさなどがみられます。心房収縮がなくなり、脈が不規則で速くなって心臓から出る血液量が約20%減少するためです。

心房細動と脳梗塞の関係脳梗塞の約3割は心房細動が原因

ガーン

心房細動が続くと、心房に血液の流れがよどみ、血栓(血液のかたまり)ができやすくなります。血栓が脳にとび、脳の主要な血管がつまると脳梗塞を引き起こします。脳梗塞患者のうち、約30%は心房細動が原因だといわれています。これを心原性脳梗塞といいます。元プロ野球選手・プロ野球監督の長嶋茂雄さん、元サッカー日本代表監督のイビチャ・オシムさん、総理大臣だった小渕恵三さんなど、著名人でも心原性脳梗塞に見舞われた方は少なくありません。
心房細動がわかったら、脳梗塞の予防がとても大事になります。

リスク評価のスコア表をチェック脳梗塞発症リスクを数字で見える化

心房細動がある人がどれだけ脳梗塞を発症するリスクが高いかがわかるスコア表があります。これによって脳梗塞のリスクをチェックしましょう。グラフを見るとすべてに当てはまる場合、2割近い人が1年以内に脳卒中を起こすことがわかり、十分な注意が必要です。

CHADS2スコア

CHADS2スコアと脳卒中の年間発症率

対象:ワルファリンが投与されていなかった非弁膜症性心房細動(*)患者1773例(65-95歳)
方法:平均1.2年間、対象患者の脳梗塞発症率を追跡
(*)非弁膜症性心房細動とは僧房弁狭窄症と人工弁置換術後の患者を除外した、ごく一般的な心房細動のこと。
イラスト/本田葉子
治療法、予防法で大切なことは?
ご相談・お問い合わせ
フリーダイヤル0120-86-8165お問い合わせ窓口受付時間9:00~19:00(土日祝含む毎日)1月1~3日除くホームページからのお問い合わせはこちら店舗でのご相談はこちら