ベネッセの介護相談室

0120-86-8165 ハローハッピーローゴ ベネッセの介護相談室 お問い合わせ窓口 受付時間/9:00~18:00(土・日・祝日含む毎日※)※1月1日~3日休
  1. トップページ
  2. 介護&老後生活のお役立ち情報
  3. からだの知恵袋
  4. 知っておきたい高齢者の病気
  5. 第10回 パーキンソン病

知っておきたい高齢者の病気

第十回パーキンソン病
頼高 朝子(よりたか あさこ)先生

動作が遅くなる、手足がふるえるなどの運動症状がみられるパーキンソン病。脳内のドーパミンという物質の減少によって起こりますが、ドーパミンは年齢を重ねるごとに減っていくので、高齢になるほど発症しやすくなります。似たような病気が多いので、気になる症状がある場合はこの病気を専門とする神経内科を受診し、正確な診断を受けましょう。その後は適切な薬によって治療することが大切です。

頼高 朝子(よりたか あさこ)先生
順天堂大学医学部准教授。1987年福島県立医科大学医学部卒、1988年順天堂大学大学院医科学専攻(神経学)修了。臨床神経学、なかでもパーキンソン病を専門とし、多くの症例に対し、治療にあたる。日本内科学会内科専門医、日本神経学会認定神経内科専門医、日本神経学会指導医など。パーキンソン病の女性患者を対象とした、体操教室を月1回実施し、自らが講師を務めている。

パーキンソン病の症状 ▶初期は「ふるえ」や「無動」のほか嗅覚低下も

パーキンソン病は運動症状と非運動症状の両方が見られる全身性疾患です。運動症状が主ですが、最近では運動以外の症状にも注目されています。運動以外の症状はあまり知られていませんが、パーキンソン病かどうかを診断する際に重要な目安になります。特に嗅覚の低下は、本人は気づかないことが多い初期の特徴的な症状です。

散歩中キンモクセイの香りに気づかない夫
  • 【運動症状】
  • 動きが遅くなる
  • 手足などの動かせる範囲が狭くなる(無動)
  • 動作をしているときでなく、じっとしているときに起こる手足のふるえ(振戦)
  • 筋肉が硬くなり、手足がスムーズに動かなくなる(固縮)
  • 診察で後方に体を引くとバランスが取れずに倒れてしまう(姿勢反射障害)
  • 【非運動症状】
  • においを感じられない(嗅覚の低下・消失)
  • 便秘、汗をかきやすい(発汗異常)
  • 睡眠中、夢を見ながら体が動く、寝言が大きい(レム睡眠行動異常症)
  • むくみやすい、冷えやすい
  • やる気の低下、疲れやすい、うつ

パーキンソン病の原因 ▶脳の神経伝達物質「ドーパミン」の減少

ドーパミンの減少が直接の原因

脳のなかでも中脳の「黒質(こくしつ)」という部分のメラニンを含む神経細胞の変性により、そこで作られる神経伝達物質ドーパミンの量が減少。これにより情報伝達がうまくいかなくなることが原因と考えられています。黒質で作られるドーパミンの量が正常な場合の20%以下にまで低下するとパーキンソン病の症状が現れるといわれます。

遺伝性は5%、非遺伝性の原因は不明

神経細胞内に「α―シヌクレイン(神経細胞に現れるタンパク質)」がたまることがわかっています。原因としては「ミトコンドリア(細胞の中の小器官)の異常」、「酸化的ストレス」などの説がありますが、わかっていません。また遺伝性が全体の5%ほどあり、その場合は10~20代の若いうちに発症することもまれにあります。

加齢により発症しやすくなるのは自然なこと

ドーパミンが作られる脳の「黒質」の神経細胞は加齢によって減少するので、高齢になるほどパーキンソン病の発症率は高くなります。仮に120歳まで生きた場合、ほぼ全員が発症するという仮説もあるほどです。80代など比較的遅く発症した場合、進行が早い場合が多いようです。

性格はまじめ、几帳面、がんこな人が発症しやすい

パーキンソン病は性格がまじめ、几帳面、がんこ、新規探索傾向が低い(新しいものを好まない)人がなりやすい傾向があるといわれています。

パーキンソン病チェックリスト ▶非運動系の症状、体の痛みにも要注意

パーキンソン病かどうかの自己診断に役立つチェックリストを掲載します。下記のリストの項目が2~3個以上あてはまる場合、パーキンソン病の疑いがあります。パーキンソン病を専門とする神経内科を受診し、詳しく検査してもらいましょう。

チェックリストチェック
鉛筆

  • じっとしていると、手や足がふるえる
  • 歩くときの歩幅が小さくなった
  • 歩くのが遅くなった
  • 歩いていると前のめりになってしまう
  • 着替えがしにくい、着替えに時間がかかるようになった
  • 声が小さくなった、抑揚をつけて話すことができなくなった
  • においを感じにくくなった
  • 便秘がちになった
  • 寝言が大きくなった
  • 腰痛、肩こりなどによる身体の痛みがひどくなった

※腰痛や肩こりの自覚症状がある場合は整形外科を受診してしまい、発見が遅れることがあります。ここにあげたほかの症状と重なるようならパーキンソン病を疑うことも必要です。

イラスト/本田葉子
治療法、予防法で大切なことは?
ご相談・お問い合わせ
フリーダイヤル0120-86-8165お問い合わせ窓口受付時間9:00~19:00(土日祝含む毎日)1月1~3日除くホームページからのお問い合わせはこちら店舗でのご相談はこちら