認知症と向き合う

トップページ >  お役立ち情報 >  認知症と向き合う

認知症と向き合う

認知症患者は2025年に700万人を突破、65歳以上の5人に1人が認知症になるといわれています。ところが、認知症についての正しい理解が深まっているとはいえません。「年をとったから仕方がない」「認知症になったら何もわからなくなる」といった誤解は未だなくなっていません。
だれでも、自分や家族がなる可能性があるのが認知症。認知症を特別なことと思わず、自分事として向き合う姿勢が求められています。

認知症ケアの現場レポート ~老人ホームでの取組み~(一覧を見る

0120-86-8165
0120-86-8165